ぽくわとちたつ

構築記事

SVシーズン2の反省

こんにちはちたつです。

 

これは構築記事ではなくメモで、構築経緯とか採用理由とか選出とか、何で勝てなかったのかとか、、、ぐだぐだ書きます

 

 

 

結果

TNぽくわ 最終5桁

TN虎徹  ビギナー1

 

 

使用構築

f:id:snorlaxigon:20230201093251j:image

 

 

構築経緯

採用順

①ドラパルト

②ドドゲザン

カイリュー

④サーフゴー

ガブリアス

⑥水ロトム

 

①ドラパルト

前期で使ってたメガネドラパの使用感が良かったので今回もメガネドラパを軸に構築を組み始めた。

 

②ドドゲザン

相性補完の点と後投げのしやすさから前期同様チョッキドドゲザンを採用。

 

カイリュー

ドラパ×ゲザンの並びでは見ることのできないマスカーニャマリルリ等に強く出ることができて且つ神速の縛り性能が高くて汎用性のあるゴツメHABカイリューを採用。

 

④サーフゴー

トップメタのカイリューに勝ちたかった為、地震神速2wと炎の渦カイリューに対面で勝てて、飛行テラバ1wカイリューにだいたい勝てる風船サーフゴーを採用。

 

ガブリアス

この枠はもともと蝶舞HSウルガモスだったが、初手性能のあるポケモンがドラパルトしかおらずプレイングの幅が狭くなっていたことやドラパルト以外に速いポケモンがおらずSの高いポケモンに上からシバかれて終わってしまうため、初手性能が高くあまり環境にいなくて読まれにくいスカーフガブリアスを採用。

 

⑥水ロトム

この枠はヘイラッシャだったが物理受けという点で8割くらいカイリューと役割が被っていたため他のポケモンを探していたところ友人のランクマを見てたら洗濯機が落ちてた。サーフゴーでは安定して勝つことのできない鉢巻カイリューや風船消費後に出てくる地震をもったカイリューに強いHB残飯水ロトムを採用。

セグレイブやガブリアス等にも強い。

 

 

個体

ドラパルト@こだわりメガネ

ラスタル:ドラゴン

特性:すりぬけ

性格:ひかえめ

努力値:CSぶっぱ

技:りゅうせいぐん/シャドーボール/10まんボルト/だいもんじ

 

ドドゲザン@とつげきチョッキ

ラスタル:あく

特性:総大将

性格:いじっぱり

努力値:ASぶっぱ

技:ドゲザン/アイアンヘッド/けたぐり/ふいうち

 

カイリュー@ゴツゴツメット

ラスタル:ノーマル

特性:マルチスケイル

性格:いじっぱり

努力値:H228 A68 B188 D4 S20

調整:HB-マリルリのじゃれつくをマルスケ込みで受かるライン、S-準速50族抜き、A-なるべく高く

技:しんそく/じしん/アンコール/はねやすめ

 

サーフゴー@ふうせん

ラスタル:ノーマル

特性:おうごんのからだ

性格:ずぶとい

努力値:H244 B188 S76

調整:S-最速50族・準速60族抜き抜き、あまりHB

技:ゴールドラッシュ/シャドーボール/わるだくみ/じこさいせい

 

ガブリアス@こだわりスカーフ

ラスタル:はがね

特性:さめはだ

性格:ようき

努力値:ASぶっぱ

技:じしん/げきりん/アイアンヘッド/ストーンエッジ

 

ロトム@たべのこし

ラスタル:

特性:ふゆう

性格:ずぶとい

努力値:HBぶっぱ

技:ほうでん/ハイドロポンプ/おにび/みがわり

 

 

選出

初手→ドラパルトorガブリアス

デカヌチャンやバンバドロ、(カバルドン)等がいる場合にはドラパから投げたい。

それ以外はガブリアスから入れば(テラスタル込みで)大体出し勝ちできる。

 

基本選出①ドラパルト+サーフゴー・ドドゲザン・ガブリアスから2体

基本選出②ガブリアス+ドドゲザン+サーフゴー

 

基本選出と書いているがこの選出をすることはあまりなく、今作は決まったポケモンを選出して勝つことが本当に難しいと感じた。

 

正しく言えばこの構築の基本選出は、「初手にガブかドラパのどちらを出すかを決め、後はそれに対応した2体」と言ったほうが良いかも。

 

 

敗因

継続的な対戦の不足

これは期末テストがあったので仕方ない。

10万位スタートで最終盤の3日間で250戦やったけど構築を調整していくことを考えたら序盤からコツコツと対戦はやっとくべき。

構築が最終日までに完成しない。

 

反省をしない

時間がなく焦っていたため剣盾のときは毎回出来ていた試合ごとの反省が出来ていなかったことから構築の欠陥を埋めることなく潜り続けており、重いポケモンは使っている構築の中で立ち回りでどうにかしようと思っていた。

思い返せば同じような負けを何回もしていたため反省は本当に大事。

構築と向き合おう。

 

 

今後

しうかつ があるので、事前に出ると決めてたオフ以外では暫くポケモンはしません。

やっぱり勝てないポケモンは悔しいので、しうかつ落ち着いたらまた頑張る。

 

おわり

 

 

 

『【SV S1使用構築】強襲流星ドラパゲザン【最終897位 レート2137】』

初めましての方は初めまして。

お久しぶりの方はお久しぶりです。ちたつです。

 

今回、SVシーズン1で最終3桁を達成することができた記念に自分が使っていた構築をまとめようと思います。

ぜひ最後までご覧いただければ幸いです。

 

[目次]

 

構築経緯

まず初めに、私のプレイスタイルである「高速、高火力で相手のポケモンに負荷をかけ続ける」ポケモンを探していたところ、環境下であまり強い特殊受けがいないことからこだわりメガネを持ったドラパルトが刺さっているのではないかと考え採用。

 

その後、ドラパルトとの相性補完が非常に優れたドドゲザンを採用してこの2体を構築の軸とした。

 

特殊型ドラパルトを使用するうえで、りゅうせいぐんを撃った後にできる隙を埋めるために安定した引き先が必要であることからドドゲザンに加え、クッション性能が高く相手をあくびで流せるヘイラッシャを採用。

そしてドドゲザンとヘイラッシャでは受けることができないフェアリー技を受けることができる耐久型のウルガモスを採用し、ドラパルト+3匹でサイクルを回してドラパルトの火力を押し付ける構築のメインプランが完成した。

 

次に、この4体では勝つことが難しいキョジオーンやブラッキー、アンコールカイリューに強く、相手のあくび展開をシャットアウトできるおんみつマントを持ったサーフゴーを採用。

 

最後に、メガネドラパルトだけでは破壊できない相手のサイクルを破壊するアンコールカイリューを採用して構築が完成した。

 

コンセプト

 →サイクル下でドラパルトの火力を押し付けて勝つ

 

 

 

個体紹介

ドラパルト@こだわりメガネ

ラスタル:ドラゴン

特性:すりぬけ

性格:ひかえめ

実数値:163-×‐96(4)-167(252)-95-194(252)

調整:CSぶっぱあまりB

技構成:りゅうせいぐん/シャドーボール/10まんボルト/だいもんじ

 

構築の軸。

ドラゴンテラりゅうせいぐんの火力がおかしい。

ダメ計は以下の通り

H特化ヘイラッシャ→確定1発(112.0~132.2%)

HD特化キョジオーン→確定2発(76.3~89.8%)

HBブラッキー→確定2発(80.1~95.0%)

H特化ウルガモス→確定1発(102.6~121.4%)

H特化コノヨザル→確定1発(103.2~121.6%)

H特化モロバレル→確定1発(111.3~131.2%)

H特化カバルドン→確定1発(123.7~146.0%)

 

中耐久ポケモンであれば大体1発で貫ける火力を持っている。環境的にフェアリーテラスタルが多く終盤は動きにくくなっていたがそれでも十分な役割を果たしてくれた。

 

 

ドドゲザン@とつげきチョッキ

ラスタル:あく

特性:そうだいしょう

性格:いじっぱり

実数値:175-205(252)-140-×-106(4)-102(252)

調整:ミラー意識準速

技構成:アイアンヘッド/ドゲザン/けたぐり/ふいうち

 

ASチョッキの欲張り型。

基本的にサザンドラ、ドラパルト等を受ける役割だが、ギロチンを入れないことでアイアンヘッドとけたぐりを両採用することができ相手のフェアリーやドドゲザンミラー等運に頼ることなく見れる範囲が広がった。

 

ウルガモス@あつぞこブーツ

ラスタル:フェアリー

特性:ほのおのからだ

性格:ずぶとい

実数値:191(244)-×-116(164)-155-125-133(100)

調整:準速80族抜き

技構成:ほのおのまい/テラバースト/ちょうのまい/あさのひざし

 

影の抜きエース枠。

相手に天然がいなければ雑にテラスタル切って雑に蝶舞するだけで強い。

技は物理も受けたいなら鬼火、ドラゴンを倒したいならテラバーストの選択で本当にどっちでもいいと思った。

 

 

ヘイラッシャ@たべのこし

ラスタル:フェアリー

特性:てんねん

性格:しんちょう

実数値:257(252)-120-147(92)-×-116(164)-55

調整:たべのこし込みで珠特化ミミッキュのじゃれつく3回+かげうち確定耐え。あまりHD

技構成:ウェーブタックル/じしん/ゆきなだれ/あくび

 

クッション枠。

抜群をつかれないポケモンであれば安定して受けだせる。

技構成を3ウエポン+あくびにすることであくびループにはめた時の引き先への負荷をかけやすく使いやすかった。地割れは弱い。

 

 

サーフゴー@おんみつマント

ラスタル:ひこう

特性:おうごんのからだ

性格:ひかえめ

実数値:193(244)-×-95-184(116)-111-123(148)

調整:準速70族抜き

技構成:シャドーボール/ゴールドラッシュ/わるだくみ/じこさいせい

 

救世主枠。

アンコールカイリューに勝てなくて唸ってたら先輩が2秒で教えてくれた。変化技で荒らしてくる相手に強い。最強。

 

 

カイリューゴツゴツメット

ラスタル:ノーマル

特性:マルチスケイル

性格:いじっぱり

実数値:197(244)-177(52)-139(188)-×-121(4)-103(20)

調整:特化マリルリのじゃれつくをマルスケ込みで受けきる(41.4~48.9%)、準速50族抜き

技構成:しんそく/じしん/アンコール/はねやすめ

 

誤魔化し枠。

受けポケモンにはアンコール、物理アタッカーには羽休めで粘ることができてある程度火力に振ることでアタッカーとしても機能するオールラウンダー。こいつがアンコール覚えるの本当にあほ。

 

 

選出

基本選出→から2体

 

等→+@1

 

対受けループ→+@1

 

重いポケモン

→選出されるだけで不利サイクルを強いられる。テラスタル択、ボルチェン択、トリック択すべてがキツイ。プレイングで捲ろう。

→チョッキはドラパでごり押せない。電気テラはヘイラッシャで勝てない

→誰も受からん

→何かしらの仕事は必ずされる

 

 

最後に

ラスタル難しい

もう3桁で保存しない

 

 

 

質問等あればTwitterまで

twitter.com

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SPECIAL THANKS

サーフゴーとカイリューの案をくれたいっきさんとあまにさん

最終日通話してくれた鯖の皆様

カラミンゴ

剣盾総括記事 ~のどスプレーから始まった物語~

こんにちはちたつです~

SV発売前に流行りに乗って僕も8世代の総括記事を書こうと思います!!

 

目次

 

 

ORIGIN

僕がポケモン対戦を始めたのは剣盾シーズン5(2020年4月)で、当時は構築記事や実況動画などは全く見ておらず、7世代の時に覚えた「厳選の方法」しか知りませんでした。

対戦に関する知識も、ドラパルトが強い!ミミッキュが強い!トゲキッスやばすぎ!…くらいだったと思います。

 

そんな僕が鎧環境あたりで使っていたポケモンの個体が数匹残っているので紹介していこう…

 

ドククラゲ@黒いヘドロ

特性:クリアボディ

性格:ようき

調整:ASぶっぱ

高い特防と高い素早さを持っているため上から溶けるを積んで要塞化した後に剣舞を積んで全抜きを狙う構築のエース。本当によわい。

 

 

エアームド@オボンのみ

特性:がんじょう

性格:しんちょう

調整:DSぶっぱ

考えていることはドククラゲとほぼ同じ。高い耐久を活かしながら剣舞を積んで全抜きを狙う構築のエース。本当によわい。

 

 

ミロカロスのどスプレー

特性:かちき

性格:ずぶとい

調整:HBぶっぱ

史上最狂のバケモン。小学1年生の頃から約13年間ポケモンをやり続け、彼はいったい何を学んできたのだろうか。

当時の僕は本気で強いと思っており、自慢げにポケサーの同期や先輩にこの個体を紹介していました。今思えばめちゃくちゃ恥ずかしい…

このとき先輩に「かちきのほうが強そう。」と言われて特性をかちきに変更した。本当によわい。

 

以上が当時の僕が生み出した特級呪霊たちであり、一刻も早い成仏を願うばかりである。

 

 

ランクマッチの戦績

さて、先ほどのようなド変態ポケモンを使っていた僕ですが、ランクマッチでは結果を残せているのでしょうか。

 

シーズン5から順にいっきに見ていこう…

 

 

 

シーズン5

最終97044位 レート1398

 

シーズン6

最終86074位 レート1429

 

シーズン7

最終94750位 レート1343

 

 

 

 

 

 

~鎧環境~

シーズン8

最終56660位 レート1539

初レート1500↑

 

シーズン9

最終60478位 レート1508

 

この頃はまだ好きなポケモンを使って、楽しむことを第一にランクマしてた。

構築の組み方とか役割とか気にせず対戦数だけが増えていってた。

バンビーchとかライバロリとかもこうの実況を見始めたのがこの時期だったと思う。

 

 

~上位10体制限ルール~

シーズン10

最終31470位 レート1568

 

シーズン11 

最終2542位 レート1742

初最終4桁&初レート1700↑

サークルの先輩からアドバイスを受けて作った、記録が残っている中で最古のランクマ用構築。

アドバイスでもとの構築の原型がなくなった。

今まで負け越すシーズンがほとんどだったから、いっぱい勝てて嬉しかったのを覚えている。

「構築力」の大切さが顕著に表れていると思う。

 

 

~冠環境その1~

シーズン12

最終72667位 レート1476


シーズン13

最終82573位 レート1348


シーズン14

最終15071位 レート1616

 

誰からのアドバイスも受けず感覚で強そうなポケモンを放り込んだだけ。環境にいるポケモンを使うようになっているだけ幾分かマシだが全てが弱かった当時の僕が勝てるはずがなかった。

 

 

竜王戦環境その1~

シーズン15

最終968位 レート1885

初最終3桁&初レート1800↑

初めてゲームで「勉強」をしたシーズン。構築の組み方、環境考察、実況動画で相手の選出予想とプレイング予想等やれるだけのことは全てやった。

結果、最高順位、最高レートを大幅に更新することができた。構築記事も初めて書いた。

いま思えばポケモン廃人への道はこのシーズンから始まったんだと思う。


シーズン16

最終554位 レート1908

初レート1900↑

あっけなく1900にのった気がする。初めて本格的に動かしたサブロムも最終3桁を達成。

 

シーズン17

最終212位 レート1941(最高197×)

ノリでレート2000を目指して初めてシーズン終了ギリギリまで潜った。

竜王戦3シーズンすべてで最高レートを更新。かなりの自信に繋がって本気でレート2000を目指すようになり、レート2000載ったらポケモン引退すると周りに宣言した。

 

 

~冠環境その2~

シーズン18

最終2331位 レート1759 

剣盾で1番やりこんだシーズン。サブROMと合わせて500戦はやった。

竜王戦環境は順調に勝ててただけに、思うように勝てなくてもどかしい想いをした。

本気でレート2000を目指していたからこそ心の底から萎えた。

 

シーズン19

最終669位 レート1854

 

シーズン20

最終318位 レート1903 

冠環境で初めて1900を取れた。黒バドがいないと勝てる気がしなかったからシンプルに嬉しかったけど、レート2000との間にある圧倒的な差を感じた

 

 

ダイマなし竜王戦

シーズン21

最終540位 レート1956(最高1996

人気のルールでめちゃくちゃレートがインフレしてたから2000行けると本気で思ってた。

マンムーの環境への刺さり具合が異常だったことにいち早く気づいたときはレート2000を確信したけど2000チャレからの4連続お相手イベルタルで散った。

空前の超インフレシーズンで2000をものにできず暫くゼルダに逃げたけど、このシーズンで最終20位を取った人の並びと全く一緒だったことから自信にも繋がった。

 

シーズン22

最終1726位 レート1818(最高1969)

萎えた。

どうしてもあと一歩が届かなくてめっちゃ落ち込んだしエンジョイ勢に戻ろうかなとも思った。

 

シーズン23

はげ

 

 

竜王戦環境その2~

シーズン24

最終446位 レート1860(最高1956)

最終日に2ROM1900あったはずなのに気づいたらどっか行ってた。

 

シーズン25

最終128位 レート2003

初レート2000↑


ずーーーーーーーーーっと珠黒バドを使い続けた構築の“練度”がここにきて大成。シーズン18から見据えてたレート2000をようやく掴み取ることができて本当に嬉しかった。

2000チャレラストターンで黒バドがS+1サンダーに上からアストラルビットをぶち込んだシーンは今でも忘れない。最高の年明け。無事にランクマを引退した。

 

シーズン26

マスターボール級到達

 

 

~禁伝2体環境~

シーズン27

最終880位 レート1828

1日の朝5時半から20000位スタート。3時間半でレート300盛った。

引退したんとちゃうん?ってめっちゃ聞かれたけどポケ勢ってそんなもんだよね。てへぺろ

 

シーズン28

はげ

 

シーズン29

twitter怪文書を投下して撤退。はげ

 

 

シーズン30

最終89位 レート2005

初最終2桁

ポケリーグオフに参加してモチベが爆発。

最終日は周りが大爆笑しながらスマブラやってる時もみんなが寝静まった後も潜り続けた。ランクマ戦士が絶滅危惧種であることを再認識して悲しくなった。

 

シーズン31

はげ

 

シーズン32

はげ

 

シーズン33

最終308位 レート1885(最高197×)

 

 

~幻禁伝環境~

シーズン34

はげ

 

シーズン35

最終71位 レート1963

最終日まで全く勝てなくて1ROM7000位スタートだったけど調整を変えて立ち回りの幅を広げたら2桁に間に合うことができた。

最後の最後に自己最高順位を更新できて嬉しかった。

ガラルの亡霊にならずに済んだ

 

 

総合成績

最終3桁×10(S15,16,17,19,20,21,24,25,27,33)

最終2桁×2(S30,35)

レート2000↑×2(S25,30)

 

剣盾に悔いはないです!

 

 

大会成績

・2021年5月 第1回関西ポケサー連盟杯シングル 8位

・2021年9月 第3回関西ポケサー連盟杯シングル 5位

・2022年1月 第9回びわぽけカップ ベスト8(トナメ1没)

・2022年3月 第5回東雲杯参戦(オフ初参加、予選落ち)

・2022年5月 第1回ポケリーグオフ参戦(予選落ち)

・2022年6月 第1回金字塔オフ参戦(予選落ち)

・2022年7月 蟹王杯2回戦敗退

・2022年7月 第70回葉桜杯 3位

・2022年9月 第11回関西シングルフェスタ ベスト8

・2022年9月 第76回葉桜杯 優勝

・2022年9月 第3回ポケリーグオフ関西予選参戦(予選落ち)

パッとしない成績が多いけど大会を通して各地のポケモン好きとたくさん交流できて本当に楽しかった。

 

 

最後に

僕の大学生活の中心は間違いなく“剣盾”です。

ランクマしながらいっぱいブチ切れたけどそれだけ真剣に取り組むことができる最高のゲームだったし、人生であまり真剣に物事に取り組んだことのない僕にとって剣盾はとてもいい経験になった。

そしてクソ雑魚だった僕がここまで成長できたのは決して僕一人の力ではなく、ともに剣盾を楽しんだ最高の仲間たちがいたからだと思う。

特に構築相談を親身になって受けてくれたキタシカさん、あまにさん。初期にランクマ一緒に頑張ったdonkey、てっつー、ランクマ合宿の宿を提供してくれたりゅーりろ。キラメキのまぜそば奢りをかけて熱いレートバトルを繰り広げたやきとり。周りがランクマ引退していく中で最後まで一緒に戦い抜いたKAIとかもちゃん。ぽ通した同ポケの先輩後輩同期。一人でも欠けてたらレート2000の僕は存在しなかった。

本当にありがとう。

「たかがゲーム、されどゲーム。」これを身に染みて感じています。

 

剣盾で生まれたたくさんの交流に感謝感謝です!!

SVでもよろしくお願いします!!!

 

『【S35使用構築】やわらかいグライベザシアン【最終71位 レート1963】』

剣盾お疲れ様でした。

S35の使用構築について簡単に。

ぜひ最後まで読んでいただければ嬉しいです。

 

目次

 

 

構築経緯

ステルスロック+アタッカー+詰め」の構築がシンプルで使いやすいことから対面でザシアンに勝てて高火力で引き先に負荷をかけれるステロ要員のグラードン、ザシアン以外のほぼすべてに強い物理珠イベルタル、詰めで強いザシアンを軸として採用。

サブプランとして相手のダイジェッター・起点作成をつぶす襷黒バド、イベルタルを通せそうにない時の裏選出としてのディアルガを採用。

最後に構築単位で重かった珠ディアルガをガン起点にできる弱点保険ルギアを採用して構築が完成した。

 

 

個体紹介

ザシアン@朽ちた剣

特性:不撓の剣

性格:いじっぱり

実数値:189(172)-242(236)-136(4)-×-136(4)-180(92)

調整:HB-ステロ+特化巨獣斬最高乱数切り耐え/S-意地ミラー意識/A-ほぼ特化

技構成:巨獣斬/じゃれつく/インファイト/電光石火

ザシアン枠。最強。以上。

 

バドレックス(こくばじょうのすがた)@きあいのタスキ

特性:黒の嘶き

性格:臆病

実数値:175-×-101(4)-217(252)-120-222(252)

技構成:アストラルビット/マッドショット/こわいかお/ちょうはつ

縁の下の力持ち枠。

主に初手置きしてちょうはつで相手の起点作成をつぶすこと、相手のダイジェットからの死に出しこわいかおで無力化させること、詰めでの襷枠として使用し、非常に柔軟なプレイングができた。

相手のグラードン、ルギア等と対面したときに起こる「ちょうはつ読み岩石封じ/凍える風」「アストラルビット読み電磁波」がマジでしょーもなかった。結局どのルールでもこいつは択ゲーになることを痛感した。

 

グラードン@やわらかい砂

特性:ひでり

性格:ようき

実数値:175-200(236)-160-×-113(20)-156(252)

調整:D‐晴れ下スカーフカイオーガのしおふき最高乱数切り耐え/余りAS

技構成:じしん/岩石封じ/ステルスロック/電磁波

ステロ要員兼アタッカー。

最速、高火力で相手の思考をバグらせる(地震は命中安定の断崖の剣)。

最終日前日まではHDベースで使用していたが、これでは裏から出てくるダイジェッターの起点にされてお終いになってしまうこと、耐久ほぼ無振りであってもある程度の行動保障があることからこの型での採用となった。

相手に初手投げされることの多かったイベルタルに関して、相手が準速以下だった場合は上から電磁波・岩石封じを打つことができ、最速だった場合はこちらのグラードンが耐久振りであることを考えたときに相手はむやみにダイマをきれず、大体挑発か身代わりを打ってくるため岩石封じが安定となる。

やわらかい砂を持つことで地震でH振りザシアン確1、岩石封じ+地震でCS黒バド確定など非常に高い対面性能も持ち合わせていることから裏置きしても非常に強かった。

ゼクロム、レシラム、カイオーガ等最速90族とは同速対決になってしまうためお祈り

ソーラーブレードザシアンは切っていて実際一度も当たらなかったが最終一位がソラブレザシアンで震えた。

MVP。

 

ディアルガ@とつげきチョッキ

特性:プレッシャー

性格:ひかえめ

実数値:201(204)-×-140-222(252)-120-117(52)

調整:S-チョッキミラー、耐久ランド、ホウオウ意識/C‐ぶっぱ/余りH

技構成:てっていこうせん/大地の力/パワージェム/ふぶき

基本的に初手ダイマで出せるときは出したい。

相手にルギアやルナアーラがいるだけで選出ができなくなり、壁構築の前では無力と化す。単純だが見極め、扱いが非常に難しいポケモンだと感じた。

 

イベルタル@命の珠

特性:ダークオーラ

性格:いじっぱり

実数値:201-201(252)-116(4)-×-118-151(252)

技構成:イカサマ/ゴッドバードいわなだれ/ふいうち

破壊神。

バド→イベル、グラ→イベルの動きが単純かつ非常に強かった。

技構成は物理最高火力のダイマ技のイカサマ&ゴッドバードとホウオウとイベルミラー意識のいわなだれ、そして先制で打てるえげつない火力の不意打ちで確定。

いわなだれとふいうちの枠は最後まで鋼の翼か熱風で迷ったが、いわなだれをケアしないホウオウナットにイージーを取れたり不意打ちで相手を大きく削って裏で詰める動きが強力だったためこの技構成でよかったと思う。

 

 

ルギア@弱点保険

特性:マルチスケイル

性格:臆病

実数値:189(60)-×-152(12)-142(252)-175(4)-168(180)

調整:S‐最速100族抜き/C‐ぶっぱ/あまりHBD

技構成:エアロブラスト/だいちのちから/めいそう/じこさいせい

相手の初手ダイマディアルガの前でグラードンがステロを撒いて退場した後、ルギアを出して上からめいそうを打ち、相手がダイアイスを打ってきた瞬間にほぼ勝ちが確定する。最終日は3戦しか選出しなかったが、その3戦すべてで上記の理想ムーブが取れた。

教えてくれたあまにさん、個体貸してくれたありすさんありがとうございました。

 

 

選出

基本

 

ディアルガが初手ダイマしてきそうな構築

or

 

相手のステロ電磁波展開をつぶす

+@2

 

初手ダイマ

+

 

重かったポケモン

壁貼りムゲンダイナ

コスモパワームゲンダイナ

眼鏡ムゲンダイナ

 

結果

TNぽくわ 最終71位(レート1963)

自己最高順位更新!!!

最終日1ロム7000位スタートでしたが何とか間に合ってよかった。。

 

さいごに

シーズン5からシーズン35まで1シーズンも欠けることなく潜り続けました。

シーズン14くらいまではほとんどのシーズンでレート1500を割り、順位も8万位9万位なんてざらでしたが、周りの環境にも恵まれて今ではレート2000、最終2桁を取れる実力にまで成長することができました。剣盾を通して色んな人と交流できて本当に楽しかったです。

9世代は今ほどガチでやるかは正直微妙ですが、これからもよろしくお願いします。

 

何か質問等あればちたつ (@snorlaxigon) / Twitterまで

 

 

おわり

『第76回葉桜杯優勝/S34使用構築』やわらかい台灣まぜそば

f:id:snorlaxigon:20221001122036j:image

お久しぶりです。ちたつです。

S34は不甲斐ない結果となってしまったため記事を書くつもりはありませんでしたがオフでベスト8になったり葉桜杯で優勝したりと多くの良い経験を積めたシーズンでもあるので軽ーくですが備忘録として残そうと思います。

 

 

構築経緯

禁伝2体環境で強かった「ザシ×バド」「ザシ×オーガ」「ザシ×イベル」を適当にぶち込めば最強じゃね!?ということでザシアン、黒バド、カイオーガイベルタルを採用。

ステロ展開の構築が好きなので高級ステロ撒きさんのグラードンを採用。

最後に上記5体では受けることができないカイオーガを受けることができる且つイベル以外でダイマ適性が高いディアルガを採用した。

 

個体紹介

ザシアン@ふとうのけん

性格:いじっぱり

実数値:191(188)-242(236)-135-×-135-179(84)

調整:

S-準速マーシャドー抜き抜き

A-ほぼ特化

H-なるべく高く

技構成:巨獣斬/じゃれつく/インファイト/電光石火

 

HAザシアンの強みは瞬時に高火力を出せること。ステロ+ザシアンで大体は破壊することが出来る。一方でこちら側よりも早いザシアンやスカーフカイオーガ、Sが上がった特殊ダイマイベルタルにかなりの不利をとってしまうという点ではかなり弱く、HAで勝った試合よりもHAD、HSでなかったから負けた、という試合の方が多かった気がするので調整は要検討。

 

 

 

黒馬バドレックス@襷

性格:臆病

調整:CSぶっぱ

技構成:アストラルビット/破壊光線/わるだくみ/挑発

 

電磁波環境を終わらせるためにやってきた準エース。この環境でアストラルビットを受けてくるポケモンイベルタルと偶にラッキーだけであり、かなり黒バドが通ってたシーズンだったと思う。大体上から動けることを考えたら挑発の枠は身替わりにして良いのかもしれない…

 

 

イベルタル@命の珠

性格:臆病

調整:CSぶっぱ

技構成:悪の波動/デスウィング/熱風/ふいうち

 

ダイマエース。グラードンダイマイベルタルで破壊していく。相手のタスキ最速ランドロス が重いため最速。こちらも明確に受け出しでダイマイベルタルを受けてくるポケモンがあまり居なかったので適当にダイマを切ればかなり刺さる。

ただ相手の構築もバカ火力ポケモンばかりなのでこちらが先にダイマを切ってしまったら相手の後発ダイマに全部破壊されてしまうことも多かった。そこはプレイングで補うべき。ある程度のサイクルはできる構築を組みたい。

 

 

ディアルガ@とつげきチョッキ

性格:控えめ

実数値:201(204)-×-140-222(252)-120-117(52)

調整:

C-ぶっぱ

S-ミラー意識高め

あまりH

 

ダイマエース兼要検討枠。ルギアとホウオウが居るだけで選出できなくなってしまう。

カイオーガ受けと言っているが後述するグラードンでどうにかなる場合が多いため、こいつでカイオーガを受けたのはシーズン通して5回くらいしか無かった。ただ出した試合はかなり活躍してくれたと思う。使いこなせなかった俺が弱い。

 

 

 

カイオーガ@ゴツゴツメット

性格:ずぶとい

調整:HBぶっぱ

技構成:ねっとう/絶対零度/かみなり/でんじは

 

最初はスカーフで使っていたが全く選出しなかった&ザシアン受けがほしかったので最終日前日にゴツメへ変更。+2ザシアン(メタモン)の巨獣斬を2耐えするバケモン。

ゴツメにしてもあまり選出しなかったがザシアンにかなり強かった。絶対零度は1度も打たなかった。えらい。

 

 

グラードン@やわらかいすな

性格:しんちょう

実数値:207(252)-176(44)-161(4)-×-134(92)-125(116)

調整:

A-持ち物込み断崖の剣でH振りザシアン確1

HD-HBカイオーガの雨下ねっとう確定耐え、断崖の剣→HBカイオーガの雨下しおふき(威力75前後)確定耐え、臆病珠イベルタルのダイアーク確定耐え

S-麻痺したS+1の最速99族抜き

参考:【レジェンドオブラウンド最終12位】禁伝グッドスタッフ - あまにっき

(無断掲載のため、問題等ありましたら削除いたします。)

 

MVP。最初はヤチェのみ、イバンの実で使っていたがヤチェの恩恵が少なかったことやイバンと電磁波、岩石封じの相性が最悪だったことから最後にやわらかい砂へと落ち着いた。

ポテンシャル以上にメタられていた気がするが、それくらいしないと止まらないポケモンだと思う。

断崖の剣を当ててくれさえすれば最強ポケモンです。

 

 

選出

初手→グラードン、(ディアルガ

ダイマイベルタルディアルガ、(黒バド)

詰め→ザシアン、黒バド

受け→カイオーガ

基本選出→グラードンイベルタル、ザシアン

 

 

結果

TNぽくわ&台灣まぜそば

S34 最終爆散

第76回葉桜杯 優勝

第11回関西シングルフェスタ ベスト8

f:id:snorlaxigon:20221001122519j:image

大会でそれなりに良い経験ができたのにランクマでいい結果が残せなくて悔しいです。8世代は葉桜感謝祭を最後に引退しようかなって思ってたけど想像以上に悔しかったから多分S35もランクマ頑張ります。

超絶デフレ環境ですが潜る人は一緒に頑張りましょう。

 

質問等あればちたつ (@snorlaxigon) / Twitterまでお願いします。

 

 

〜TN台灣まぜそばの由来〜

f:id:snorlaxigon:20221001121437j:image

関西を中心に複数店舗を展開している、らーめん&まぜそば専門店『キラメキのトリ』。

去年の夏、友達に誘われてまぜそばを食べてからここのまぜそばが大好きになりました。

今でも週に1度のペースで通っていて、最終日の夜もここのまぜそばを食べて気合いを入れました。

関西在住の方や、もし関西に来たときは是非食べてみてください。飛ぶゾッ

キラメキノ未来株式会社 | キラメキノ未来株式会社公式ホームページ

 

 

おわり

 

『【S30使用構築】伝承バドザシサンダー【最終89位 レート2005】』

こんにちはちたつです。

留年の危機なのでポケモンは程々にと決めていましたがポケリーグオフに参加してモチベが高まったのでガッツリやったらレート2000&2桁を取れたので構築記事書こうと思います。

ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

目次

 

 


【構築経緯】

S28とS29で結果を出したバドザシ構築が使いやすそうだったので、シーズン序盤は構築を丸パクリして使ってました(構築記事名の由来)。

【s28シングル使用構築】初手ダイマ+ザシバド【最終39位,40位】 - あまにっき

シーズン29 最終15位 お祈りサンダーザシアンと馬 - いっきのいっき読み

(無断掲載のため、問題等あれば削除いたします。)

ここまでの構築経緯等は上2つの記事読んでください。

 


十分すぎるほどに完成されている構築でしたが、私がこの構築を使用するうえで以下の問題がありました。

 

・ザシアンを受けること以外のヌオーの使い方が分からない、ヌオー信用してない

・Gヒヒダルママンムーガオガエンが重い

・重いホウオウを対面的にしか処理できない

 

この問題点から、ザシアンの攻撃を2回耐える且つホウオウをはじめとしたザシアン以外にも多くの物理アタッカーを受けれるポケモンが必要であると考え、ランドロスをHBゴツメランドロスに変更。

またこれによってヌオーの必要性が無くなったため、ヌオーの枠はGヒヒダルマガオガエンマンムーに強く出ることができて環境的にも刺さっていると感じたスカーフ連撃ウーラオスを採用して構築が完成した。

 

【コンセプト】

・サンダーの初手ダイマで荒らす→黒バドザシアンで詰める。

・ランド、ポリ2等で相手のダイマを枯らしてサンダーのダイマを通す。

・なんとしてもサンダーのダイマを通す

 


【個体紹介】

黒馬バドレックス@きあいの襷

特性:人馬一体

性格:臆病

実数値:175-82-101(4)-217(252)-120-222(252)

調整:CSぶっぱ

技:アストラルビット/サイコショック/マッドショット/悪巧み


伝説枠。技はアストラルビット、サイコショックとポリ2とラッキーを黒バド単体で押し切れる悪巧みは確定。

また今回使った黒バドに「マッドショット」を採用した。これは5月に参加した仲間大会で優勝した人が使っていて強そうだと思い実際に使ってみたところめちゃくちゃ強かった。強みは以下の通り。


・同じ型と最速スカーフ以外の全ての黒バドに勝てる。

・特殊アタッカーとの打ち合いにダイアースで強く出れる。

・襷が残ってなくてもマッドショットで退場した後、相手のSが下がったポケモンを上から殴って起点にできる。

・黒バドが不利をとるガオガエンにダイアースで強く出れる。

・Sが高かったり上昇してる相手にマッドショット→アストラルビットの動きが強力


このように器用な立ち回りができるマッドショットは非常に強く、もっと流行ってもいいのではないかと思った。

 

 

ザシアン@くちた剣

特性:不撓の剣

性格:意地っ張り

実数値:197(236)-222(92)-136(4)-×-154(148)-172(28)

調整:

HD-臆病カイオーガの潮吹き最高乱数切り耐え、イベルタルの特化珠ダイバーン最高乱数切り耐え、黒バドの+1ダイホロウ最高乱数切り耐え

S-準速エスバ抜き

A-なるべく高く

あまりB

技:巨獣斬/じゃれつく/炎の牙/電光石火


伝説枠。

ザシアンに弱いザシアンではあるが、耐久に寄せつつ陽気ぶっぱ並の火力を出せるこのザシアンが1番使いやすかった。

コンセプトの1つである「ザシアンで詰める」という点において、普段ザシアンが詰まされてしまうポケモンに強く出れることが重要であると感じ炎の牙を採用。炎の牙を切っているナットレイヌケニンを多く葬った。

間違いなく最強ポケモン

 

 

ランドロス@ゴツゴツメット

特性:威嚇

性格:わんぱく

実数値:195(244)-165-156(252)-×-102(12)-111

調整:HB

技:地震/岩石封じ/蜻蛉返り/ステルスロック


物理アタッカーを受け、ザシアンにゴツメを入れて黒バドのアスビorサンダーのダイマ技圏内に持っていくことがお仕事。

相手視点だとこの構築のランドは襷っぽく見えるらしいのであまりHBを読まれることがなかった。

 

 

サンダー@命の珠

特性:静電気

性格:控えめ

実数値:187(172)-×-106(4)-194(252)-111(4)-130(76)

調整:以下の記事を参考にしました

耐久振り珠破壊光線サンダー - Origin Regression

(無断掲載のため、問題があれば削除いたします。)

技:ライジングボルト/暴風/熱風/身代わり


破壊神。相手の構築にラッキーがいる時以外は殆ど初手ダイマを切る。

こちらのダイマ枠がサンダーだけなのでラッキーがいる場合も無理やり後発ダイマを通す。なんならラッキーがいる時も初手ダイマを切る。

初手ダイマ→身代わり で相手のダイマを枯らす動きが非常に強力だった。MVP

 


連撃ウーラオス@こだわりスカーフ

特性:不可視の拳

性格:意地っ張り

実数値:175-200(252)-120-×-81(4)-149(252)

調整:ASぶっぱ

技:水流連打/インファイト/冷凍パンチ/蜻蛉返り


素早さ90族、95族のスカーフ持ちやダイジェットから死に出しして上から殴りたいという場面が少なく、火力の届くリーチを伸ばしたいと考えて意地っ張りで採用した。

陽気ではなく意地にすることの利点は以下の通り


水流連打(陽気→意地)

・対H199ザシアン  乱数2発(28.5%)→乱数2発(99.6%)

・対HBランド  確定2発→乱数1発(56.2%)

・対初手ダイマエスバ  確定2発→乱数1発(37.5%)

・対ガラルヒヒダルマ  乱数1発(31.2%)→乱数1発(87.5%)

 

…………陽気で良くね?

 

相手のザシアンが勝手にカウンターを深読みしてくれて電光石火、巨獣斬、剣舞等を打ってくれる場合が最終日だけで3回あり多くのイージーを取れた。


冷凍パンチは全く打たなかったので要検討枠。

 

 

ポリゴン2@進化の輝石

特性:トレース

性格:生意気

実数値:191(244)-100-112(12)-125-161(252)-58

技:冷凍ビーム/イカサマ/自己再生/電磁波


黒バドとサンダーを受ける以外の使い方が分からなかったが、電磁波を撒き散らすだけで強かった。

 

 

【選出】

基本選出→

 

カイオーガ→初手必ず++@1

この構築使ってるとカイオーガ絡みの構築で初手カイオーガ以外を出してくる人は居なかった。

S関係見る→相手がスカーフ→じゃれ+電光石火で処理

相手がスカーフ以外→巨獣斬


その他→+@2

 

 

 

 

 

 

【重いポケモン

HBゼルネアス

カイオーガ

ホウオウ

メタモン

ラッキー

フェローチェ

 

 

 

 


【結果】

TNぽくわ

最終89位(レート2005)

目標は最終66位以内だったけど2000チャレ2回失敗して潜るのが怖くなったので保存

2000乗ったときのリアクションを一緒にいた友人に何度も真似されて恥ずかしかったです

 


【おわりに】

月初めに毎回言ってますが、留年しそうなので今月こそはポケモンしません。

金字塔オフ頑張ります。

 

 

何かあればちたつ (@snorlaxigon) | Twitterまで


おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Special Thanks

最終日通話してくれたみんな

色々立ち回りやアドバイスをくださったあまにさん

 

 

【万年レート1300台だった人がポケモンサークルに入ってレート2000を達成した話】

f:id:snorlaxigon:20220415212339j:image

 

【はじめに】

皆さんこんにちは!

今回はポケモンサークルに入ったらポケモン対戦が上手になった❗️という実話をもとに万年レート1300だった某サークル員が最終レート2000を達成するまでの過程を書こうと思います。

この記事を見たポケモン好きの新入生が入会してくれたら嬉しいなぁなんてこと決して思ってな#春から同志社 #春から同女

 

 

 

【プロローグ】

今では同学年のサークル員の中では(おそらく)1番強い彼ですが、サークルに入る前(〜2020年6月)の彼は一体どれほどポケモン対戦をしていたのでしょうか。

 

彼の入会前のスペックをまとめました。

・厳選を始めたのは第7世代から

・第7世代での合計ネット対戦数はわずか30試合ほど

・剣盾のランクマッチを始めたのはシーズン5(2020年4月)から

 

まあ対戦始めたての初心者といったところでしょうか。

では、そんな彼が入会するまでのシーズン(S5〜7)の結果を見ていきましょう。

 

シーズン5(2020/4/1〜5/1)  

f:id:snorlaxigon:20220415212407j:image

 

シーズン6(2020/5/1〜6/1)

 

シーズン7(2020/6/1〜7/1)←入会

 

はっきり言って才能の欠片もないです。 彼が当時使っていた構築の記録は存在しませんが、当時使っていたポケモンがボックスの中に眠っているということでその一部を見せてもらいました。  

f:id:snorlaxigon:20220415212019j:image
f:id:snorlaxigon:20220415212028j:image
f:id:snorlaxigon:20220415212024j:image

おおおおおおおぉぉん????

 

 

 

 

 

同志社ポケモン同好会に入会】

2020年6月、彼はついにポケモンサークルに入会しました。 しかしコロナ禍ということもあり完全にオンラインのみでの活動。入りたての彼はサークル活動以外で他のサークル員と関わる機会なんてほとんどありません。

しかし入会からしばらくたったある日、彼のTwitterのDMにサークルの先輩からメッセージが届きます。 

 

f:id:snorlaxigon:20220415212110j:image

DMをくれた先輩は第5世代からポケモン対戦をしているベテラントレーナーで、現在でも本気で潜ったシーズンは毎回最終2桁を取る実力者です。

この先輩は彼のポケモン上達に少なからず影響を与えた人物と言っても過言ではないでしょう。色々教えてもらうことになります。。。

 

 

 

【上位10体禁止シーズン】

一方で、当時のランクマッチはというと、、

エースバーン、ポリゴン2カバルドンミミッキュ等の使用率上位10体が使用禁止となるシーズン(S10,11)がやってくるということで混迷を極めていました。

万年レート1300で才能が無い彼ですが、ポケモン対戦上手くなりたいという気持ちは人一倍あります。 そこで彼は先程の先輩に構築相談に乗ってもらいました。

そこで完成したパーティがこちら

f:id:snorlaxigon:20220415212235j:image

先輩曰く、キュウコンパッチラゴンホールドの基本選出で3桁は余裕らしいです。

とても強そうですね

それぞれのポケモンがそれぞれの役割を持っている素晴らしい構築です。

剣舞エアームドや喉スプレーミロカロスを使っていた人が使っている構築とは思えません。

そしてシーズン11、この構築を使ってついに彼は自己ベストの2542位/レート1742を達成することができました❗️

f:id:snorlaxigon:20220415212603j:image

 

 

 

【冠環境】

2020年10月にDLC第ニ弾「冠の雪原」が配信され、それに伴いサンダーやランドロスといった今でも環境に蔓延っているポケモンたちが解禁されました。

今回も彼はサークル員の誰かしらに助言を受けてパーティを作るのかと思いきや、レート1700台を取れたのは自分の実力であると勘違いをしてまたまた我流のパーティを作ってしまいます。

その時のパーティがこちら

一見普通の構築に見えますがカバルドンラグラージのステロあくび展開、悪ウーラオス、高火力初手ダイマアタッカー等に簡単にグチャグチャにされてしまう欠陥構築です。

 

この構築でひたすら対戦し続けた結果、、、

シーズン12(2020/11/1〜12/1)

 

シーズン13(2020/12/1〜13/1)

 

シーズン14(2021/1/1〜2/1)

あんまりパッとしない順位ですね。

それどころかシーズン13はレート1348で過去最低レートに迫る記録を出しています。

また、彼はシーズン14で初めて最終日徹夜でランクマッチを経験したほか、“サブロム”を使い始めました。 ここから彼のポケモン廃人生活が幕を開けます。

 

 

 

竜王戦環境1】

2020年2月、ランクマッチに伝説ポケモンがやってきました。

レジギガスは準伝説です

シーズン15〜17のルールはなんと竜王戦、伝説のポケモンを一体まで構築に入れることができます。

竜王戦環境前の下馬評ではザシアンを筆頭にイベルタル、ムゲンダイナ、日食ネクロズマあたりが強いのではないかとされていましたが、彼が選んだ禁止伝説は「黒バドレックス」でした。

彼はYouTubeポケモンソルジャーの竜王戦環境の考察動画を見漁って環境のポケモンたちを熟知し、自分なりに納得のいく構築を作り上げました。

その結果がこちら

シーズン15(2021/2/1〜3/1)

f:id:snorlaxigon:20220415213130j:image

『【剣盾S15使用構築】黒バドさんが通る‼︎ 【最終968位 レート1885】』 - ぽくわとちたつ

 

シーズン16(2021/3/1〜4/1)

f:id:snorlaxigon:20220415213137j:image

『【剣盾S16使用構築】バドサンブラック‼︎【最終554位 レート1908】』 - ぽくわとちたつ

 

シーズン17(2021/4/1〜5/1)

f:id:snorlaxigon:20220415213216j:image

『【S17使用構築】黒馬娘の凱旋門賞【最終212位 レート1941】』 - ぽくわとちたつ

 

一体なにがあったんだ…ってくらいの成長具合ですね。

環境の考察と構築の大切さがよく分かります。

シーズン15と16は何となく勝ててたという印象で、しっかり潜ったのがシーズン17でした。

シーズン17は最終日に最高レート1970台、順位では102位と彼が今までに到達したことがないランク帯で戦っており、夜の9時から朝の9時まで、合格発表直前のような気持ちだった(そうです)。

シーズン17は「この勢いで2000いくぞー!」的なノリで2000を目指していましたが、結果として溶かしてしまい、そこから彼は本気でレート2000という目標をたててさらにランクマッチにのめり込んでいくことになります。

 

 

 

【冠環境その2】

伝説ポケモンたちが使えなくなり、また冠環境が戻ってきます。

以前の冠環境の結果はボロボロでしたが今回はどうだったのでしょうか…?

 

シーズン18(2021/5/1〜6/1)

f:id:snorlaxigon:20220416220247j:image

戒め【S18使用構築】ラグミミサンダーラオス - ぽくわとちたつ

 

シーズン19(2021/6/1〜7/1)

f:id:snorlaxigon:20220416220412j:image

『【S19使用構築】ドラパサンダーラオス【最終669位 レート1854】』 - ぽくわとちたつ

 

シーズン20(2021/7/1〜8/1)
f:id:snorlaxigon:20220416220409j:image

『【S20使用構築】冠雪原大学期末レポート~GPA1.65~【最終318位 レート1903】』 - ぽくわとちたつ

 

彼は冠環境が1番好きなルールと言っていましたが、やはり「好き」と「得意」は違います。

シーズン18は本ロムサブロム合わせて500戦以上潜っておきながら最終日に溶かしてしまい気持ちとしては競馬で1番人気の馬に全財産賭けて外れたような感じだった(そうです)。

唯一1900に乗っているシーズン20は1900到達が1日の朝5〜6時と非常に遅く、冠環境で1度も1900に乗ったことがない事と疲れていたことから「保存」という選択を選んだ(そうです)。

 

 

 

ダイマなし竜王戦

ダイマックスなし」「伝説ポケモン一体まで」彼は泡を吹いて倒れました。

今までダイマックスがない対戦をしたことがほとんどない。勝てるわけがない。彼はそう思っていました。しかしレート2000を達成したいという気持ちはあるのでまた黒バドレックスとともに対戦していきます。

実際に彼はこのルールの最初のシーズンであるシーズン21の中盤までは思うようなプレイングが出来ずに悩んでいました。

しかし彼は環境考察を続けてマンムーが環境に突き刺さっていることに早い段階で気づくことができ、破竹の勢いで順位を上げていきました。

そして最終日、未明、ついにレート1996、2000チャレまできました。

ついに来た。この時が。

さあ相手は誰だ!

相棒の黒バドレックスと一緒ならどんな相手にも負けねぇええええええええ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:snorlaxigon:20220416223500j:image

イベルタル「こんにちは^_^」

 

負けました。

しかしまだまだ時間はあります。

諦めず次に行こう!!!

さあ次の対戦相手は…

 

 

 

 

 

 

f:id:snorlaxigon:20220416223500j:image

イベルタル「黒バドさんちーっすw」

 

 

負けました。

いや、まだまd

f:id:snorlaxigon:20220416223500j:image

イベルタル「黒バド❗️遊ぼうぜ👊😁」

 

 

負けました。

いや次こs

f:id:snorlaxigon:20220416223500j:image

イベルタル「黒バドちゃん大好き~(๑>◡<๑)」

 

 

2000チャレからの4連続イベルタル

彼の夢は儚く散りました。

f:id:snorlaxigon:20220416224025j:image

(その後彼はレート2000を達成できなかった悔しさから鬼レモンを一気飲みして死にかけたそうです。)

『【S21使用構築】お祈りモンスター ストーンエッジ/つららばり【最終540位 レート1956】』 - ぽくわとちたつ

 

 

その後のシーズン22はレート1970台まで行くものの最後は勝ちきれず、シーズン23に関しては早い段階から諦め、のろいカウンター型カビゴンで遊んでいたそうです。

このルールでもレート2000はお預けとなりました…

シーズン22(2021/9/1〜10/1)

f:id:snorlaxigon:20220416224428j:image

 

シーズン23(2021/10/1〜11/1)
f:id:snorlaxigon:20220416224431j:image

 

 

竜王戦その2】

ダイマなし竜王戦が終わったら次はまた冠環境だろうなぁ…と思っていましたがまた竜王戦ルール。得意なルールを前に彼はやる気に満ち溢れていました。

そして最初のシーズン24、彼は最終日までに2ロム1900に乗せてレート2000への準備はバッチリでしたしかし溶かしましたさようなら👋

シーズン24(2021/11/1〜12/1)

f:id:snorlaxigon:20220416225341j:image

しかしここである事に気付きました。。

 

 

 

年越しランクマせなあかんの!?

 

 

そして最終日がお正月と重なるシーズン25。

そんな中、12月10〜12日に彼はサークルの皆んなと西日本旅行をしていました。

同ポケ非公式2回生旅行 〜2泊3日のおもひで〜 - ぽくわとちたつ

なんと彼は宿でランクマをしています。

アホなんでしょうか…

 

 

そして時は流れ最終日。

彼は複数人で友人の家にいました。

もちろんやるのはランクマです。

友人の家のプロジェクターを使って大画面でランクマをしています。

しかし周りの友人はアソビ大全、ポケカウマ娘とそれぞれ楽しんでおり、周りに友人がいながら彼は孤独な戦いをしています。

f:id:snorlaxigon:20220416231521j:image

あけましておめでとうございます。

 

そして溶かして増やしてを繰り返してお正月の深夜1時。

 

 

f:id:snorlaxigon:20220416232139j:image

ついにこの時がやってきました。

 

彼の頭は、からっぽだ。何一つ考えていない。ただ、わけのわからぬ大きな力にひきずられて走った。陽は、ゆらゆら地平線に没し、まさに最後の一片の残光も、消えようとした時、彼は疾風の如くランクマッチに突入した。

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

f:id:snorlaxigon:20220416233143j:image

f:id:snorlaxigon:20220416233257j:image

『【S25使用構築】自覚バドサンダーバンギラオス【最終128位 レート2003】』 - ぽくわとちたつ

 

 

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

【エピローグ】

本格的にポケモン対戦を始めて1年と9ヶ月、彼はついにレート2000を達成することができました。

最後に言いたいのは、才能ない人でも万年レート1300で喉スプレーミロカロスを使っていた人でもレート2000達成は夢じゃない!ってこと。

え、大学生にもなってポケモンwwとか思ってる人も一定数いると思いますがポケモンはサッカーやテニス、APEXなどと全く変わらないです。

頑張る対象がポケモンになっただけです。ポケモン対戦を本気で頑張る人たちを実際に何人も見てきて、私はその姿がとてもカッコいいなって思ったしポケモン上手になりたいなと思うキッカケでもありました。

このブログを見てくれたサークルの新入生(に関わらず全員)が少しでもポケモン対戦の魅力を知って実際にポケモン対戦を始めてくれると非常に嬉しいです!

 

 

 

 

しかし彼はレート2000という称号を得るためにあるものを犠牲にしました。

 

 

 

 

 

 

f:id:snorlaxigon:20220416235156j:image

 

 

 

 

 

4年で卒業できるかな♪

 

 

おわり