ぽくわとちたつ

構築記事

剣盾総括記事 ~のどスプレーから始まった物語~

こんにちはちたつです~

SV発売前に流行りに乗って僕も8世代の総括記事を書こうと思います!!

 

目次

 

 

ORIGIN

僕がポケモン対戦を始めたのは剣盾シーズン5(2020年4月)で、当時は構築記事や実況動画などは全く見ておらず、7世代の時に覚えた「厳選の方法」しか知りませんでした。

対戦に関する知識も、ドラパルトが強い!ミミッキュが強い!トゲキッスやばすぎ!…くらいだったと思います。

 

そんな僕が鎧環境あたりで使っていたポケモンの個体が数匹残っているので紹介していこう…

 

ドククラゲ@黒いヘドロ

特性:クリアボディ

性格:ようき

調整:ASぶっぱ

高い特防と高い素早さを持っているため上から溶けるを積んで要塞化した後に剣舞を積んで全抜きを狙う構築のエース。本当によわい。

 

 

エアームド@オボンのみ

特性:がんじょう

性格:しんちょう

調整:DSぶっぱ

考えていることはドククラゲとほぼ同じ。高い耐久を活かしながら剣舞を積んで全抜きを狙う構築のエース。本当によわい。

 

 

ミロカロスのどスプレー

特性:かちき

性格:ずぶとい

調整:HBぶっぱ

史上最狂のバケモン。小学1年生の頃から約13年間ポケモンをやり続け、彼はいったい何を学んできたのだろうか。

当時の僕は本気で強いと思っており、自慢げにポケサーの同期や先輩にこの個体を紹介していました。今思えばめちゃくちゃ恥ずかしい…

このとき先輩に「かちきのほうが強そう。」と言われて特性をかちきに変更した。本当によわい。

 

以上が当時の僕が生み出した特級呪霊たちであり、一刻も早い成仏を願うばかりである。

 

 

ランクマッチの戦績

さて、先ほどのようなド変態ポケモンを使っていた僕ですが、ランクマッチでは結果を残せているのでしょうか。

 

シーズン5から順にいっきに見ていこう…

 

 

 

シーズン5

最終97044位 レート1398

 

シーズン6

最終86074位 レート1429

 

シーズン7

最終94750位 レート1343

 

 

 

 

 

 

~鎧環境~

シーズン8

最終56660位 レート1539

初レート1500↑

 

シーズン9

最終60478位 レート1508

 

この頃はまだ好きなポケモンを使って、楽しむことを第一にランクマしてた。

構築の組み方とか役割とか気にせず対戦数だけが増えていってた。

バンビーchとかライバロリとかもこうの実況を見始めたのがこの時期だったと思う。

 

 

~上位10体制限ルール~

シーズン10

最終31470位 レート1568

 

シーズン11 

最終2542位 レート1742

初最終4桁&初レート1700↑

サークルの先輩からアドバイスを受けて作った、記録が残っている中で最古のランクマ用構築。

アドバイスでもとの構築の原型がなくなった。

今まで負け越すシーズンがほとんどだったから、いっぱい勝てて嬉しかったのを覚えている。

「構築力」の大切さが顕著に表れていると思う。

 

 

~冠環境その1~

シーズン12

最終72667位 レート1476


シーズン13

最終82573位 レート1348


シーズン14

最終15071位 レート1616

 

誰からのアドバイスも受けず感覚で強そうなポケモンを放り込んだだけ。環境にいるポケモンを使うようになっているだけ幾分かマシだが全てが弱かった当時の僕が勝てるはずがなかった。

 

 

竜王戦環境その1~

シーズン15

最終968位 レート1885

初最終3桁&初レート1800↑

初めてゲームで「勉強」をしたシーズン。構築の組み方、環境考察、実況動画で相手の選出予想とプレイング予想等やれるだけのことは全てやった。

結果、最高順位、最高レートを大幅に更新することができた。構築記事も初めて書いた。

いま思えばポケモン廃人への道はこのシーズンから始まったんだと思う。


シーズン16

最終554位 レート1908

初レート1900↑

あっけなく1900にのった気がする。初めて本格的に動かしたサブロムも最終3桁を達成。

 

シーズン17

最終212位 レート1941(最高197×)

ノリでレート2000を目指して初めてシーズン終了ギリギリまで潜った。

竜王戦3シーズンすべてで最高レートを更新。かなりの自信に繋がって本気でレート2000を目指すようになり、レート2000載ったらポケモン引退すると周りに宣言した。

 

 

~冠環境その2~

シーズン18

最終2331位 レート1759 

剣盾で1番やりこんだシーズン。サブROMと合わせて500戦はやった。

竜王戦環境は順調に勝ててただけに、思うように勝てなくてもどかしい想いをした。

本気でレート2000を目指していたからこそ心の底から萎えた。

 

シーズン19

最終669位 レート1854

 

シーズン20

最終318位 レート1903 

冠環境で初めて1900を取れた。黒バドがいないと勝てる気がしなかったからシンプルに嬉しかったけど、レート2000との間にある圧倒的な差を感じた

 

 

ダイマなし竜王戦

シーズン21

最終540位 レート1956(最高1996

人気のルールでめちゃくちゃレートがインフレしてたから2000行けると本気で思ってた。

マンムーの環境への刺さり具合が異常だったことにいち早く気づいたときはレート2000を確信したけど2000チャレからの4連続お相手イベルタルで散った。

空前の超インフレシーズンで2000をものにできず暫くゼルダに逃げたけど、このシーズンで最終20位を取った人の並びと全く一緒だったことから自信にも繋がった。

 

シーズン22

最終1726位 レート1818(最高1969)

萎えた。

どうしてもあと一歩が届かなくてめっちゃ落ち込んだしエンジョイ勢に戻ろうかなとも思った。

 

シーズン23

はげ

 

 

竜王戦環境その2~

シーズン24

最終446位 レート1860(最高1956)

最終日に2ROM1900あったはずなのに気づいたらどっか行ってた。

 

シーズン25

最終128位 レート2003

初レート2000↑


ずーーーーーーーーーっと珠黒バドを使い続けた構築の“練度”がここにきて大成。シーズン18から見据えてたレート2000をようやく掴み取ることができて本当に嬉しかった。

2000チャレラストターンで黒バドがS+1サンダーに上からアストラルビットをぶち込んだシーンは今でも忘れない。最高の年明け。無事にランクマを引退した。

 

シーズン26

マスターボール級到達

 

 

~禁伝2体環境~

シーズン27

最終880位 レート1828

1日の朝5時半から20000位スタート。3時間半でレート300盛った。

引退したんとちゃうん?ってめっちゃ聞かれたけどポケ勢ってそんなもんだよね。てへぺろ

 

シーズン28

はげ

 

シーズン29

twitter怪文書を投下して撤退。はげ

 

 

シーズン30

最終89位 レート2005

初最終2桁

ポケリーグオフに参加してモチベが爆発。

最終日は周りが大爆笑しながらスマブラやってる時もみんなが寝静まった後も潜り続けた。ランクマ戦士が絶滅危惧種であることを再認識して悲しくなった。

 

シーズン31

はげ

 

シーズン32

はげ

 

シーズン33

最終308位 レート1885(最高197×)

 

 

~幻禁伝環境~

シーズン34

はげ

 

シーズン35

最終71位 レート1963

最終日まで全く勝てなくて1ROM7000位スタートだったけど調整を変えて立ち回りの幅を広げたら2桁に間に合うことができた。

最後の最後に自己最高順位を更新できて嬉しかった。

ガラルの亡霊にならずに済んだ

 

 

総合成績

最終3桁×10(S15,16,17,19,20,21,24,25,27,33)

最終2桁×2(S30,35)

レート2000↑×2(S25,30)

 

剣盾に悔いはないです!

 

 

大会成績

・2021年5月 第1回関西ポケサー連盟杯シングル 8位

・2021年9月 第3回関西ポケサー連盟杯シングル 5位

・2022年1月 第9回びわぽけカップ ベスト8(トナメ1没)

・2022年3月 第5回東雲杯参戦(オフ初参加、予選落ち)

・2022年5月 第1回ポケリーグオフ参戦(予選落ち)

・2022年6月 第1回金字塔オフ参戦(予選落ち)

・2022年7月 蟹王杯2回戦敗退

・2022年7月 第70回葉桜杯 3位

・2022年9月 第11回関西シングルフェスタ ベスト8

・2022年9月 第76回葉桜杯 優勝

・2022年9月 第3回ポケリーグオフ関西予選参戦(予選落ち)

パッとしない成績が多いけど大会を通して各地のポケモン好きとたくさん交流できて本当に楽しかった。

 

 

最後に

僕の大学生活の中心は間違いなく“剣盾”です。

ランクマしながらいっぱいブチ切れたけどそれだけ真剣に取り組むことができる最高のゲームだったし、人生であまり真剣に物事に取り組んだことのない僕にとって剣盾はとてもいい経験になった。

そしてクソ雑魚だった僕がここまで成長できたのは決して僕一人の力ではなく、ともに剣盾を楽しんだ最高の仲間たちがいたからだと思う。

特に構築相談を親身になって受けてくれたキタシカさん、あまにさん。初期にランクマ一緒に頑張ったdonkey、てっつー、ランクマ合宿の宿を提供してくれたりゅーりろ。キラメキのまぜそば奢りをかけて熱いレートバトルを繰り広げたやきとり。周りがランクマ引退していく中で最後まで一緒に戦い抜いたKAIとかもちゃん。ぽ通した同ポケの先輩後輩同期。一人でも欠けてたらレート2000の僕は存在しなかった。

本当にありがとう。

「たかがゲーム、されどゲーム。」これを身に染みて感じています。

 

剣盾で生まれたたくさんの交流に感謝感謝です!!

SVでもよろしくお願いします!!!